読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代無職が思うこと

30代無職が思うことをただひたすらに書きます。

転職エージェントはコミュニケーションが下手な自分には厳しかった

転職サイトでちまちま求人を見てることが多いですが、同時にエージェントにも登録しています。

サービスの流れとしては登録→面談→メールやアプリで求人紹介という感じです。応募からその後の対応までエージェントが企業との仲介をしてくれるので、比較的気楽に応募ができるかもしれません。

ちなみに現状はおすすめされたものと自分で探したものを合わせて20件程応募してみましたが、全てが書類落ちです。面接にすらたどり着けていません。

 

エージェントはまず担当者との面談からスタートします。企業への応募自体はエージェントが行うため、ここで自分の想いを相手にちゃんと伝えないと、企業側にも伝わりません。「やりたいこと」だけでなく、「やりたくないこと」もしっかりと言えると良いと思います。

少なくとも一度の面談で自分を知ってもらえることは絶対にないので、向こうからの話でこちらの想いと違うものがあれば指摘した方が良いです。自分は自身の性格もあって、なかなか言えていません。

 

はっきりと説明ができる資格やスキル、経験がないのもダメだと思いました。ざっくりと「自分に合いそうな仕事があれば」みたいな話をしたせいなのか、どういうワケか使ったことのないソフトの操作が必須条件に入っている求人なんかも勧められます。

 

他の転職サイトと併用しているのもあまりよろしくないです。メールが捌き切れないのと、他で決まった面接の対応や対策なんかでエージェントとやり取りするのが正直しんどいなと思いました。上にも書いたように一番面接にたどり着けないのもエージェントだったし。(というか1件も通ってない)

 

エージェント側は「内定を取ること」を目標にしていると思うので、応募数を重視して話をしてきます。それが仕事だし。でも、こちらは「良いところに勤めたい」が目標だと思うので、お互いが良い具合に幸せになれるところを探しましょう。条件等はできるだけ妥協をしないように。

 

色々書いてみましたが、総評すると「コミュニケーションが上手くないと無理」。ここでしか見れない求人もあるし、他のサービスより多く載っているはずなので、用法容量を守って正しく使えたら良い転職ができるのではないでしょうか。

少なくとも自分にとってはあまり上手い使い方はできない感じがしました。