30代無職が思うこと

30代無職が思うことをただひたすらに書きます。

守秘義務とは

面接官がおかしな質問をして、面接後にその話をTwitter等に書かれてないか調べる。みたいな話はよく耳にします。

こういうのは特に書面を交わしていなくてもモラルとして、面接時の質問や内容は秘密にしていないといけないってのは分かるのですが、その逆の場合ってどうなんでしょう?

自分は特におかしな質問をしたわけではないのですが、馬鹿正直に職務経歴書を書いたため一部おかしな経歴が載っています。

試しにSNSを検索してみたら、まさに面接に行ったジャストの日にその話が書かれていることがありました。

会社の名前は書いてないけど、前後の話からして完全にそれ。ちなみに顔写真あるけど、面接官ではありませんでした。社内で情報共有してんだろうけど、SNSに書いてあるってのが何とも胸糞悪い。

その後見事にお祈りメールが届きましたが、会社側が把握してるアカウントではないとは言え、情報を思いっきりSNSに書いてる人間がいる会社なんて落ちて良かったと心から思いました。

職務経歴書はイチから書き直して、経歴も綺麗にしました。色々と正直に書いてた自分が馬鹿だったと反省をした一件でした。